2020年05月28日

富士見台

2020年1月31日
神坂神社から富士見台に登りました。

富士見台は、長野県阿智村と岐阜県中津川市の境界にある標高1739mの山です。360°の展望が広がる山頂からは、日本百名山の二十三座が一望できると言われています。

神坂神社の駐車場から歩きました。昨年の同じ時期にはこのあたりから雪が有りましたが、今年は全然ありません。雪は例年に比べると格段に少ないようです。

萬岳荘までは樹林に覆われていて風は気にならないが、萬岳荘から先は笹原になるので、風対策として目出帽をつけました。

頂上は、雲に覆われていたため、北アルプス、南アルプス、中央アルプスは見られませんでしたが、少し粘っていると雲が取れてきて、恵那山の大きな山容は見ることが出来ました。

1.jpg
雪は少ないが樹氷は大きく成長していた

2.jpg
富士見台山頂、正面に見えるのは恵那山

3.jpg
恵那山を正面に見ながらの下山

4.jpg
笹原と樹氷のコントラストが素晴らしい
posted by 山岳ガイド吉田 at 12:25| Comment(0) | 日記

2019年06月19日

湯ノ丸山〜烏帽子岳

梅雨の晴れ間に、湯ノ丸山と烏帽子岳に登ってきました。湯ノ丸山のレンゲツツジは咲き始めで、ほとんどが蕾でしたが、登山道脇にはイワカガミの群落が続き、ズミの花も印象的でした。湯ノ丸山頂上では、ガスの合間から妙高山や北アルプスが見られました。

190618-3.jpg
レンゲツツジと湯ノ丸山

190618-4.jpg
イワカガミ

190618-5.jpg
湯ノ丸山頂上

190618-6.jpg
ズミの木と烏帽子岳

190618-7.jpg
ツガザクラ

190618-8.jpg
烏帽子岳頂上
posted by 山岳ガイド吉田 at 15:49| Comment(0) | 日記

2019年06月02日

入笠山

湿原の様子を見に入笠山に行きました。

花の時期には早いが、湿原では水芭蕉やエンレイソウが見られ、テイ沢沿いの登山道にはニリンソウの群落がありました。今後、すずらんなどが咲き始めると、沢山の人で賑わうでしょう。


190601-3.JPG

入笠湿原と入笠山


190601-4.JPG

湿原に咲く水芭蕉


190601-5.JPG

同じくエンレイソウ


190601-6.JPG

入笠山山頂


190601-7.JPG

テイ沢沿いの登山道


190601-8.JPG

ニリンソウ

posted by 山岳ガイド吉田 at 13:34| Comment(0) | 日記

2018年12月27日

福地山

岐阜の福地山に登ってきました。
積雪量が少なくスノーシューハイクは出来ませんでしたが、
天気に恵まれたので、焼岳や槍・穂高の展望が素晴らしかったです。

181225-3.jpg
登山道の雪はまだ少なかったです。連休明け後なのでしっかりとトレースが付いていました。

181225-4.jpg
憮然平は休憩するのに良いところです。

181225-5.jpg
焼岳の雄大な姿が印象的でした。

181225-6.jpg
槍ヶ岳が至近距離から見られます。

181225-7.jpg
福地山山頂からの展望も素晴らしい。

181225-8.jpg
山頂から真っ白な笠ヶ岳も望めます。

posted by 山岳ガイド吉田 at 14:05| Comment(0) | 日記

2018年07月15日

千畳敷〜西駒山荘

3連休の前に、ガイドの下見で西駒山荘まで登ってきました。


始発のバス停は混雑していましたが、千畳敷カールではそれほど混雑感はありませんでした。木曽駒ケ岳には登らずに巻道から馬の背を越えて西駒山荘まで行きました。


帰りは濃ヶ池経由で乗越浄土に戻りました。濃ヶ池から先には雪渓が2か所残っていましたが、ステップが切ってあり問題なく通過できました。途中にはコバイケイソウ、クロユリ、、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、チングルマなどの花々が咲き誇っていました。


今年はコバイケイソウの花が当たり年みたいなので、千畳敷カールではコバイケイソウの群落が見られるでしょう。


180713-3.jpg

ミヤマシオガマ


180713-5.jpg

コマクサ


180713-6.jpg

チングルマ


180713-7.jpg

濃ヶ池


180713-8.jpg

コバイケイソウ


180713-9.jpg

クロユリ


180713-12.jpg

ミヤマキンポウゲ


180713-13.jpg

オオヒョウタンボク


180713-14.jpg

シナノキンバイ


180713-15.jpg

シナノキンバイとハクサンイチゲ


180713-16.jpg

八丁坂




続きを読む
posted by 山岳ガイド吉田 at 12:59| Comment(0) | 日記